「RE:ALL」 とは


こんにちは!

みなさんボドゲ、やってますか?店長のあべでございます。


二本目の投稿になる今回のテーマは

『「RE:ALL」とは。』

さまざまな方に楽しんで頂いている当店の秘密(というほどでもないかもしれませんが)をお伝えしたいと思います!

☆「RE:ALL」のはじまり


当店がオープンしたのは2018年の冬。11月4日のことです。

所蔵ボードゲーム数は300個弱でした。

オープン日の写真。

内装は青を基調として、簡素ながら冷静さと集中力を生み出すデザインに仕上げています。テーブルは80×160cmと大き目のものを5台用意し、コンポーネント(内容物)の多いゲームもストレスフリーに遊んで頂けるように心がけています。

二枚目はゲーム棚の写真。これもオープン当初のもの。

この頃は棚もかなり余裕がありますが、

私が(客として)初めてこの棚を見たときは

「すげえ…」

と思うくらいのボリュームでした。


しかし時は流れて1年半、2020年には…

はい。こんな様子です。

整然とおしゃれにボードゲームが陳列されていたオープン当初から比べると、結構ごちゃごちゃしてきたな?という感じ。

現在、382のボードゲームを所蔵しています。

全部遊びつくすのには、いったいどれだけかかるのか。


☆『RE:ALL』という店名


どんな店にも、名前というものがありますね。

レストラン、ホテル、そしてもちろんボードゲームカフェにも。


そしてそのそれぞれに、二つとない「意味」がこめられていると私は思います。

…あまり表には出してきませんでしたが。


当店の名前の意味は、結構シンプル。


「また集まって(RE:)、みんなで遊ぼう(ALL)

「あらゆるゲームを(ALL)、また何度でも遊ぼう(RE:)


というものです。シンプルでしょう?

でも、今はとても気に入ってます。なぜか?


今は外出もままならず、ボドゲするにも家の中か、画面越しにといった状況。

確かに楽しいんだけど、なにか物足りないような。

きっと、「お店でしか会えない仲間とする、お店でしかできないような体験(ゲーム)」を求めている人は結構いるのではないでしょうか。


この危機の後、「すべてのボドゲ仲間とまた集える場所」として、皆様を迎えられるように

これからもいっそう努力してまいります。

いかがだったでしょうか。

第二回の投稿は、お店の紹介でした。


次回はついに、ボードゲーム紹介です。

紹介するのは…これ。

わかった方も、なんだそれという方も。次回の投稿をお楽しみに!


115回の閲覧